〒327-0843 栃木県佐野市堀米町3956-3
TEL 0283-24-0050

 

院長ブログ

トップページ»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

『虫の声を感じる心』


  虫の鳴き声に情緒を感じるのは、日本人とポリネシア人だけだそうです。
  他の人種は、雑音にしか聞こえないそうです。

  その訳を言語論で説明するものもありますが、
  四季があることに関係しているのではないでしょうか。

  身近なものに味わいを感じられる日本は、素晴らしいと思います。

  明日も笑顔で!

 

2021-09-25 05:13:22

折りたたむ

『女性は嫉妬深い』


  少女の心理が書かれているという書評を読んで、
  辻村深月の『琥珀の夏』を購入しました。

  ひと言でいうと「嫉妬」です。
  親友や好きな男性が、自分以外の女性と話をすることに我慢できないようです。

  女性は嫉妬深いとはよく聞きますが、具体的によくわかりました。
  そして恐ろしくなりました。

  あみんの『待つわ』の歌詞「かわいいふりしてあの子わりとやるもんだねと、
  言われ続けたあのころ生きるのがつらかった・・・」が、急に重みを増しました。

  明日も笑顔で!

 

2021-09-24 05:33:39

折りたたむ

『ルールを守らせるには罰則を強化すれば良いのか』


  小学生の頃、学級のルールを守れない生徒がいた。

  学級会で、どうすれば改善できるかを話し合った。
  罰則の強化が提案され、他に意見がなかった。

  その後は具体的な罰則について話し合われた。

  私は罰則強化以外の方法があるのではないかと考えていたが、
  時間内に思いつかなかった。

  現在も何かしらの事件が起きると、罰則以外の対応策を考えるが、
  なにひとつ思いつかない。

  でも、絶対にあるはずだと考えている。
  根本的な何かが。

  明日も笑顔で!

 

2021-09-23 02:34:36

折りたたむ

『若者の大麻検挙が増加』


  藪正孝氏の『県警VS暴力団』を読みました。

  現在、暴力団と準構成員等が減り、刑法犯や凶悪事件も大幅に減っていました。
  一方で深刻なのは大麻。

  10代、20代の大麻検挙者が大幅に増加していました。
  刑罰の強化しか対策はないと思います。

  明日も笑顔で!

 

2021-09-22 05:05:09

折りたたむ

『朝鮮半島の歴史を知らないと日本史も理解できない』


  石平氏の『韓民族こそ歴史の加害者である』を読みました。
  朝鮮半島の歴史がよく分かります。

  私は朝鮮の歴史を知らなかったため、
  日本と朝鮮と関わりが理解できなかったようです。

  明日も笑顔で!

 

2021-09-21 04:44:35

折りたたむ

『入浴中の事故死』


  入浴中の事故死はヒートショック
  (入浴による急激な温度変化で血圧が大きく変動して脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす)
  と考えられていました。

  しかし、笹井氏の『潜入・ゴミ屋敷』によると、
  入浴中の事故死は熱中症が原因だそうです。

  高齢者は感度が鈍いため入浴中に体温が上昇しても気づかずに熱中症となり、
  意識レベル低下、脱力で溺れるそうです。

  脱衣場を暖める必要はないということでしょうか。

  明日も笑顔で!

 

2021-09-20 04:38:47

折りたたむ

『ゴミ屋敷は孤独だけが原因ではない』


  今日も笹井氏の『潜入・ゴミ屋敷』からです。

  ゴミ屋敷に陥る人は、孤立・孤独という側面がある。
  人間関係が介在しなくても、ネット環境で生活必需品が手に
  入るようになったことが大きいそうです。

  一方で、日中は社会と繋がっている大手企業に勤めている人、
  医療従事者、教師もいて、ためこみ症という病気なのです。

  テレビ番組で芸人の家がゴミ屋敷になっているのを放映していたのを思い出しました。

  明日も笑顔で!

 

2021-09-19 06:08:41

折りたたむ

『ゴミ屋敷の現場』


  笹井氏の『潜入・ゴミ屋敷』を読みました。

  まずゴミ屋敷の現場の状況にショックを受けました。
  生ごみからの異臭や沢山の虫の話。

  作業中は近隣の迷惑を考え、窓は開けられず、
  冷蔵庫の扉は息を止めないといけないそうです。

  整理業者は大変な仕事ですね。

  明日も笑顔で!
 

 

2021-09-18 06:02:00

折りたたむ

『メガネかけることに抵抗がなくなった』


  10年ほど前は、裸眼視力の不良な小学生に「メガネが必要ですね」と話すと、
  多くの母親は「メガネはかけさせたくないです」と仰いました。
  子供が授業中に黒板の字が見えないので、可哀想でした。

  最近は近視の子供が増え、メガネに抵抗がなくなったのでしょうか。
  裸眼視力が良好なので「メガネはまだ必要ありませんね」と言っても、
  母親は「黒板の字が見えないと子供がいうのでメガネ処方をお願いします」と仰います。

  教科書がタブレットになると、近視の子供の激増が予想され、
  メガネ需要はますます増える事でしょう。

  明日も笑顔で!

 

2021-09-17 06:38:31

折りたたむ

『中国人に漢字が通用しないことがある』


  佐野も外国人が増えています。
  日本語が通じない方もいます。
  そのような方は、日本語を理解できる付き添いの方と来院されます。

  中国の方の場合は、付き添いがいなくても漢字のおかげで筆談によって、
  コミュニケーションが取れます。
  しかし、中国にない漢字があり困ることがあります。

  最近の世の中は、難しい漢字が簡略化され、今まで漢字で表記していたものを平仮名にしています。
  将来、中国人と漢字でのコミュニケーションが全くできなくなることでしょう。

  明日も笑顔で!
 

 

2021-09-16 06:08:58

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5