〒327-0843 栃木県佐野市堀米町3956-3
TEL 0283-24-0050

 

院長ブログ

トップページ»  ブログ記事一覧»  院長ブログ

院長ブログ

院長ブログ
  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

『上司は部下から教えられる』


  S社の新規担当の山田さんが面会に訪れた。

  山田さんが「自社製品はいかがですか」というので、長所と短所を答えた。
  すると短所に関しては感情むき出しで言い返してきた。

  その後も山田さんは面会の度に自社製品のメリットのみを一方的に話していた。
  数年たって、小島さんが担当になり、山田さんは小島さんの指導者になった。

  小島さんは私が「その製品は必要ない」と言っても面会の度に、同製品を薦めてきた。
  あるとき「今回、新製品が出たので説明を聞いて欲しい」という。
  私が「その製品は必要がないから、説明を聞く必要はない」と答えると、
  小島さんは「私たちが意見をお聞きしたいのです」という。

  しぶしぶ説明会を承諾した。
  説明会当日に小島さんだけでなく、山田さんも来た。

  小島さんの説明が終わって、山田さんと私が2人きりになったとき、
  「小島はどうですか」と聞いてきた。
  「どうですかとは?」と聞き返すと、
  山田さんは「小島はコミュニケーション不足で、強引なところがある」という。

  小島さんは指導者の山田さんのやり方を模範としているのだろう。
  山田さんは、部下に自分の欠点を教えられたのであった。

  明日も笑顔で!


 

 

2021-04-10 06:17:52

折りたたむ

『道路標識の設置で交通事故が減った』


  近所の交差点で交通事故が絶えなかった。

  そこに「とまれ」と書いた電光道路標識が立った。
  その後、交通事故が全くない。

  こんなことで事故を未然に防げるなら、もっと前からやれば良いのに。
  なぜ、やらなかったのかな。財政の問題?法的問題?技術の問題?
  まずはめでたし、めでたし。

  明日も笑顔で!

 

2021-04-09 05:17:13

折りたたむ

『銀行を辞めたわけ』


  銀行を辞めた方のお話です。

  投資信託は銀行の利益にしかならないこと、
  社員は投資信託を売るノルマがあることを話されました。

  その方はお客に投資信託を説明する際、正直にそのことを話すと、
  お客に「あなたを信用しているから、あなたのノルマのために購入する」と言われたそうです。

  自分を信用してくれる客に、大して利益にもならないことをすすめたくないからと
  その銀行を辞めたとのことでした。

  明日も笑顔で!

 

2021-04-08 05:53:53

折りたたむ

『貧しい国に学校を建設する』


  貧しい国に、学校を建設するというプロジェクト(募金活動)をテレビで放送していました。
  とても良いことですが、このように建てられた学校のほとんどで教育はされていません。

  教師の賃金を含め、学校運営にはお金がかかりますが、そこは考えられていません。
  これでは、自己満足です。

  そもそも、貧しい国ではその日の暮らしが大切で、教育の重要性は理解されていません。
  教育が継続している学校は、教育の重要性を何度も住民に説いて、協力を仰いでいます。

  体を張った地道な努力を継続してはじめて、目的が達成されるようです。

  明日も笑顔で!

 

2021-04-07 06:07:35

折りたたむ

『啓発録から思うこと』


   啓発録は、幕末の志士である橋本左内が自分への「啓発」のために
   15歳の時に残したものです。

   5項目から成り、その1項目に「稚心を去る」があります。

   稚心とは子供じみた心のこと。
   13、14歳になってもこの心がほんの少しでも残っていたら、
   何をしても上達せず、将来、大人物にはなれないという。

   私は15歳のときに啓発録を担任から教わりました。

   担任は「江戸時代に君たちと同じ年齢で、このような立派な考えを持っていた人がいたんだ」
   と話されました。

   当時の私は江戸時代の人は寿命が短いのだから、
   15歳でも現在の大人と同じ思考であって当然だと思っていました。

   しかし、今は違う。

   江戸時代の平均寿命が40歳で現在が80歳としよう。
   江戸時代の20歳の人と現代の40歳の人の思考能力が同じとはいえない。

   むしろ、現代人は教育水準が高くなっている分、
   若くして高度な思考を身に着けていないといけないのではないか。

   成人式で暴れている人をみるたびに、啓発録を思い浮かべてしまう。

   明日も笑顔で!

 

2021-04-06 06:12:34

折りたたむ

『心霊写真が減っても霊は減らない』


  心霊写真の番組をめっきり見なくなった。

  写真がフイルムからデジタルになり、カメラの手振れ防止機能などで、
  心霊写真もどきが減ったためと思われる。

  知り合いが心霊写真と言って、スマホで撮った写真は、
  拡大すると岩や、木の葉の陰だったりする。

  ちなみにわが子に霊感があり、自宅で女性の霊や、
  教師の肩に手が乗っているのを見るそうだ。

  心霊写真(もどき)は減っても、霊は依然としているようだ。

  明日も笑顔で!

 

2021-04-05 04:51:39

折りたたむ

『パソコン距離に合わせたメガネ』


  パソコンを長時間見る仕事のあと、目が重い、痛い、かすむなどの
  症状を訴える患者さんがいます。

  目の良い方やコンタクトレンズ、
  眼鏡が遠方をよく見えるように矯正されている方に多いです。

  その状態で、パソコンを見ると、筋肉が強い緊張をするので疲れます。
  パソコン距離(約40 cm)が楽に見える眼鏡(いわゆる老眼鏡)をかけると良いと話しています。

  明日も笑顔で!
 

 

2021-04-04 06:38:07

折りたたむ

『遠近コンタクトレンズは難しい』


  遠近コンタクトレンズはいかにも便利なのですが、
  あまり処方はされません。

  遠くか近くのいずれかが、見えにくいのが原因です。
  今後も改良が必要だと思います。

  明日も笑顔で!

 

2021-04-03 05:20:17

折りたたむ

『CMをしないコンタクトレンズ』


  若者のテレビ離れが叫ばれていますが、テレビCMの影響は今でも強いです。
  初めてコンタクトレンズをする人なのに、レンズの品名を指定してきます。

  実はテレビCMはしていないが、それと同等で価格が安いものがあります。
  宣伝費がかからないので、安いのです。

  品名を指定せず、お店で相談してみてはいかがでしょうか?

  明日も笑顔で!

 

2021-04-02 06:00:42

折りたたむ

『開院10周年になりました』


  お陰様で、今年は開院10周年になります。

  ありさわ眼科クリニックは令和3年4月1日、
  おかげさまにて満10周年を迎えることが出来ました。

  ひとえに地域の皆様や患者様とそのご家族の温かいご支援の賜物と思ってございます。
  心より御礼申し上げます。

  今後も引き続き開院時のポリシーであります「ホッとする医療を提供する」を基本姿勢とし、
  治療・病気予防はもとより新しい情報をも常々ご提供し、
  スタッフ共々一丸となり努めてまいる所存でございます。

  何卒、変わらぬご支援ご指導を賜りますよう心よりお願いし、
  10周年の御礼とご挨拶とさせていただきます。

  明日も笑顔で!

 

2021-04-01 05:45:09

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5